読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぺんcv

画像処理エンジニアのブログ

OpenCVのMean-shift Trackingを試してみた

OpenCVで使える、色ベースのトラッキング「meanShift」と「CamShift」を紹介します!

何ができるの?

追跡したい対象の領域をはじめに指定することで、
その色情報(ヒストグラム)をもとに、対象を追跡できます
探索窓が固定なMeanShiftに対し、CamShiftは物体サイズに合わせて窓サイズを調整してくれます

試してみよう

OpenCVにCamShiftのサンプルコードがあります
(OpenCVのインストール先)/sources/samples/cpp/camshiftdemo.cpp

実行例:YouTubeから拾った動画で失礼します
OpenCV + Camshift Demonstration - YouTube

meanShiftも試してみたい

camshiftdemo.cppを少し修正すると、meanShiftも試すことができます
CamShift()の呼び出し箇所

cv::RotatedRect trackBox = cv::CamShift(backproj, trackWindow,
                    cv::TermCriteria(cv::TermCriteria::EPS | cv::TermCriteria::COUNT, 10, 1));

を以下のように修正します

cv::meanShift(backproj, trackWindow, cv::TermCriteria(cv::TermCriteria::EPS | cv::TermCriteria::COUNT, 10, 1));

また、すぐ下の領域を描画する箇所

cv::ellipse(_image, trackBox, cv::Scalar(0, 0, 255), 3, cv::LINE_AA);

を以下のように修正します

cv::rectangle(_image, trackWindow.tl(), trackWindow.br(), cv::Scalar(0,0,255), 3, cv::LINE_AA);

終わりに

今回は「meanShift」と「CamShift」の表面だけ紹介しましたが
今後、追跡の仕組みについても解説したいと思います