読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぺんcv

画像処理エンジニアのブログ

ARM NEONの使い方 組み込み関数一覧編

ARM

組み込み関数一覧

こちらのページにNEONの組み込み関数一覧が載ってます
慣れてきたらここから必要な演算を探すと良いでしょう
infocenter.arm.com

命名規則

NEONの組み込み関数は大抵のものが以下の規則で名前が付けられています

<opname>[q]_<type>

<opname>はvaddやvmul等、演算の内容を表します(必ず頭に'v'が付きます)
[q]はオプションフラグで、qが付く場合は128bit型に対する演算を表します
<type>はオペランドの型を表します

例えば、 vadd_s16 は int16x4_t(64bit型)同士の加算を、
vaddq_s16 は int16x8_t(128bit型)同士の加算を表します

次回

次回からは個別の演算に対して解説していきます
ARM NEONの使い方 ロード・ストア編