読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぺんcv

画像処理エンジニアのブログ

ARM NEONの使い方 データ型編

NEONデータ型の概要

NEONのデータ型は以下の規則で名前が付けられています

<type><size>x<number of lanes>_t

例えば、 int16x4_t は符号付き16bit整数を4個保持する型となります
それぞれの要素を「レーン」と呼びます

NEONのデータ型は64bitのものと128bitのものがあります

NEONデータ型一覧

NEONのデータ型一覧を示します

64bit型 128bit型
int8x8_t int8x16_t
int16x4_t int16x8_t
int32x2_t int32x4_t
int64x1_t int64x2_t
uint8x8_t uint8x16_t
uint16x4_t uint16x8_t
uint32x2_t uint32x4_t
uint64x1_t uint64x2_t
float16x4_t float16x8_t
float32x2_t float32x4_t
poly8x8_t poly8x16_t
poly16x4_t poly16x8_t

以上をさらに配列にした型もあり、以下の規則で名前が付けられています

<type><size>x<number of lanes>x<length of array>_t

例えば、 int16x4x2_t は int16x4_t を2つ要素に持つ型です
各要素はvalというメンバに格納されています

struct int16x4x2_t
{
    int16x4_t val[2];
};

これらの配列型は一部のNEON命令で使用されます
使いどころについては今後の記事で解説したいと思います

polyって何?

データ型一覧の中に、見慣れないpolyという型がありました
気になってググったところ、以下の投稿を発見しました

stackoverflow.com

どうやら多項式(polynomial)算術演算というものをするための型らしく
誤り検出符号や暗号化に利用されているようです

次回

個別の組み込み関数について説明する前に、全体像に触れておきたいと思います
ARM NEONの使い方 組み込み関数一覧編